仙台市青葉区立町の鍼灸院(はり灸院)|はり処 愈鍼(ゆしん)|美容鍼灸・カッピング(吸い玉)施術もお任せ下さい。

【重要】外出自粛要請を受けての当院の対応

「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。

※当鍼灸院の感染症対策はこちらの「当院の感染症対策について」に詳しく載せております。

先週(2020/04/03)村井嘉浩宮城県知事と郡和子仙台市市長、および佐藤和宏宮城県医師会会長、永井幸夫仙台市医師会会長が同席した合同記者会見が行われ、不要不急の外出を当面控えるよう要請されました。

患者の皆様も不安な毎日をお過ごしかと思います。

当院では衛生面以外の対応としては、当面以下の対応を取らせていただいております。

・御予約のご変更、キャンセルに関してはキャンセル料を頂戴いたしません。
無断キャンセルですと来院までの間に何かあったのではと心配になりますのでお手数ですが、お電話、メールなどでご一報いただければ幸いです。

・回数券については、4月有効期限の方は有効期限の延長を行います。落ち着いてから御来院いただければと思います。
 詳しくはお問い合わせください。

はり処愈鍼(ゆしん)は、厚生労働大臣免許(国家資格)を有した院長およびスタッフが鍼灸施術をする鍼灸院です。

整体院やリラクゼーションマッサージ(これらは全て国家資格の無い民間資格です。)と違うのは、鍼灸師は国家資格のため、
①鍼灸に関する法律がある。→消毒などは法律で元々義務です。
②保健所に開業届けを提出し、開院の際に保健所の方から直接鍼灸院内の衛生面(換気設備など)のチェックを受けクリアしている。
など、そもそも衛生面に関しては医療に関わることなので、厳しいのです。

さらに院長小泉も、スタッフ柴田も病院勤務経験があり、一般の鍼灸院より更に厳しく衛生管理を開院以来ずっと徹底して行っております。
※当鍼灸院の感染症対策はこちらの「当院の感染症対策について」に詳しく載せております。

さて、外出自粛要請がでておりますが、当院では現在通常営業を行っております。
そもそも、当院のシステムは感染症対策を基盤に置いております。
感染症になりやすい「3密(密閉・密集・密接)」を避けております。
具体的に申しますと、
・密閉
→業務用換気扇2台、ウイルスにも有効な空気清浄機、加湿器などで空気の入れ換えや室内環境を衛生的に保っています。
・密集
→当院は完全予約制で、来院数を現在1日10名程度で管理しております。また施術室は半個室ですので、施術スタッフと患者様以外は個室に入りません。
・密接
→スタッフは全員マスクを着用し、患者様に触れる施術者は患者様に触れる前にアルコール消毒が法律で義務つけられており、当院も徹底しております。
また、施術が終わるごとに石けんによる手洗いを行っております。

今この時期だからこそ、衛生管理を徹底し、いらっしゃる患者様に少しでも安心していらっしゃっていただければと思います。

◎『御予約はこちら』からどうぞ。

仙台市青葉区立町にある鍼灸院「はり処 愈鍼(ゆしん)」
院長 小泉直照

○来院数の多かった症状(3月)
1位肩こり(スマホ首・眼精疲労) 2位頭痛 3位腰痛(脊柱管狭窄症 ヘルニア) 4位月経に関するトラブル 5位花粉症