身体のつらい痛みや、しびれに悩むあなたへ
上質な鍼灸治療を

p800_0129

仙台市青葉区立町の「はり処 愈鍼(ゆしん)」は、「上質な鍼灸治療」をコンセプトに、日々研鑽を積み、鍼灸専門学校で教員の経験もある院長が、皆様に丁寧かつ治療効果の高い鍼灸治療を提供させていただくために、開業いたしました。

院長は整形外科勤務も長く、現代医学・東洋医学の知識を駆使し、患者様1人1人の身体の不調の原因を把握し、東洋医学における「経絡・経穴」を使用し身体全体のバランスを整え、不調の原因を根本から取り除く治療を心がけています。

また、鍼によるトリガーポイント治療や筋膜リリースも修得しており、専門学校で後進の指導にあたり、専任教員時代は高い評価を戴いておりました。

○得意な疾患

・頭痛、肩こり、腰痛などの整形外科疾患

・花粉症、アトピー、喘息などのアレルギー疾患

・生理痛、生理不順、更年期障害などの婦人科疾患

(各疾患の治療の詳細については「鍼療案内」のページをご参考ください。)

(クービック予約サイトにジャンプします)

皆様のご来院をお待ちいたしております。

地図・交通機関のご案内

肩こり、頭痛、眼精疲労、腰痛、五十肩、冷え症、花粉症
これらの症状でお悩みなら はり処 愈鍼(ゆしん) へ

鍼療の流れ

当院の治療のコンセプトについて

鍼療内容のご案内

肩こり・腰痛などの各疾患の治療法について

料金のご案内

お知らせ・ブログ

【第30話】怒濤の研修・学会ラッシュ!~5月篇~

仙台市青葉区立町にある鍼灸院、「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。 ○当鍼灸院の患者様の声を更新中!【詳しくはこちら】   あっという間に7月突入で、今年も半分が過ぎてしまいました。 5月から学会・研修会…

【第29話】青葉祭りとスマホ首の鍼灸治療!

仙台市青葉区立町にある鍼灸院、「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。 ○当鍼灸院の患者様の声を更新中!【詳しくはこちら】   今日は仙台青葉祭り! 朝はやや肌寒いくらいでしたが、午後からお天気も大分回復して…

【お知らせ】患者様の声を更新いたしました!

仙台市青葉区立町にある鍼灸院、「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。   今回は慢性的な肩こり、冷え症でお悩みだった女性の患者様の声を更新いたしました(^o^) 以下のページからご覧ください。  …
p800_0177

ごあいさつ

yushinlogo1

仙台市青葉区立町の「はり処 愈鍼(ゆしん)」の院長の小泉 直照(こいずみ なおてる)です。

この度は、当ホームページをご覧戴き有り難うございます。

長文になりますが、どうぞお付き合いください。

 

院長の小泉は高校時代、空手をやっており、自身の怪我の治療の中で「柔道整復師」という国家資格の存在を知り、仙台市の専門学校に入学いたしました。

柔道整復科の学生時代は整骨院でインターンをしながら、まだ十代~二十代に入りたてだったこともあり、「勉強そこそこ、遊びいっぱい」な学生時代を過ごしていきました。

 

その後ご縁があり、仙台市立町にある「医療法人 橋本クリニック」様に入職させていただき、正職員・パートを合わせて約8年間勤務させていただきました。

ここで今でも忘れられない苦い経験をします。

橋本クリニックに入職して二日目、ある患者様から質問されました。

「なんで雨の日の前に関節が痛むの?」

新人だった私は、自分の知識を総動員して精一杯説明させて戴きました。

しかし、日頃の不勉強がたたり、患者様にご満足戴けるような解答をすることが出来ませんでした。

そのときの患者様のご納得戴けなかったお顔と、自分の消え入りたいような恥ずかしさを今でも忘れることが出来ません。

この出来事が、私のその後の医療従事者としての道を決めたと言っても過言ではありません。

やはり、「知識・技術の伴わない医療従事者に存在価値は無い」と。

その日の仕事が終わった後から、真夜中まで毎日勉強し、昼休みもできる限り近くの図書館に行き、休日も無く必死に勉強しました。

また、勉強と平行して、仕事終わりに先輩に指導して戴きながら、必死にリハビリの技術の習得を心がけました。

「知識を身につけるより、技術の習得の方が難しい。」頭では理解していましたが真に実感したのも、恥ずかしながらこの頃でした。

 

p800_0167
p800_0167

その後ご縁があり、仙台市立町にある「医療法人 橋本クリニック」様に入職させていただき、正職員・パートを合わせて約8年間勤務させていただきました。

ここで今でも忘れられない苦い経験をします。

橋本クリニックに入職して二日目、ある患者様から質問されました。

「なんで雨の日の前に関節が痛むの?」

新人だった私は、自分の知識を総動員して精一杯説明させて戴きました。

しかし、日頃の不勉強がたたり、患者様にご満足戴けるような解答をすることが出来ませんでした。

そのときの患者様のご納得戴けなかったお顔と、自分の消え入りたいような恥ずかしさを今でも忘れることが出来ません。

この出来事が、私のその後の医療従事者としての道を決めたと言っても過言ではありません。

やはり、「知識・技術の伴わない医療従事者に存在価値は無い」と。

その日の仕事が終わった後から、真夜中まで毎日勉強し、昼休みもできる限り近くの図書館に行き、休日も無く必死に勉強しました。

また、勉強と平行して、仕事終わりに先輩に指導して戴きながら、必死にリハビリの技術の習得を心がけました。

「知識を身につけるより、技術の習得の方が難しい。」頭では理解していましたが真に実感したのも、恥ずかしながらこの頃でした。

 

p800_0159

その後、2年間正職員として「橋本クリニック」で働かせていただく中で、クリニックで処方される「漢方薬」の効果の高さや、現代医学と東洋医学の知識を融合させた治療である「操体法」の効果の高さを目の当たりし、東洋医学を学ぶ必要性を感じ、卒業した専門学校の鍼灸指圧科に入学しました。

鍼灸指圧科では、以前の失敗を二度と繰り返さないよう「遊びそこそこ、勉強いっぱい」な学生生活を送りました。(遊びが無いと言えば嘘になりますので正直に書きます。)

鍼灸を学んでいく中で、「鍼灸治療の効果の高さ」に魅せられ、学生中に修得できる技術は確実に修得しようと考え、ほぼ休み無く学会や勉強会に参加し、大げさでは無く北は北海道から南は九州まで勉強しに行き、様々な名人・達人から直接指導して戴きました。(残念ながら沖縄に勉強しに行ったことは無いのです。)

その中でも、特に院長自身が恩師と感じている先生の「一流の鍼灸師は臨床・教育・研究全てに精通している。」とのお言葉に従い、鍼灸師の養成学校の教員となるための教育専攻科に進学し、教育専攻科卒業後は恩師のお力添えのおかげで、鍼灸専門学校の専任教員を4年間勤めさせていただきました。

 

もともと将来は自分で「地域に密着した治療院」の開設を志していたこともあり、2017年3月末で専任教員を退職し、非常勤講師をさせていただきながら、再度「橋本クリニック」に入職させていただき、医療法人と連携のとれる地域に密着した治療院として仙台市青葉区立町に「はり処 愈鍼(ゆしん)」を開設させて戴きました。

院長は2018年4月現在、「はり処 愈鍼(ゆしん)」での勤務の他、休鍼日は鍼灸専門学校の非常勤講師や各関連学会への参加など、後進の指導や、自身の学術の向上を常に心がけております。

新人の頃に味わった「患者様の納得できない顔」を二度と見ないために、日々研鑽を積んだ院長が提供する「上質な鍼灸治療」。

ここまで長文にお付き合いただいたあなたに、是非その効果を実感していただきたいと思います。

どうぞ仙台市青葉区立町の「はり処 愈鍼(ゆしん)」にご来院ください。

p800_0099

完全予約制 鍼灸院

はり処 愈鍼(ゆしん)

yushinlogo1

鍼療予約・お問い合わせ
022-397-6216

当日でも鍼療枠に空きがある場合、ご予約可能です。
お気軽にお問い合わせください。

またご予約は営業時間外でもご予約戴けるネット予約が便利です。
下記予約サイトから、ご予約ください。

 

所在地
宮城県仙台市青葉区立町26-2
ハイム立町102

 

開院時間
月・火・水 14:30~19:00(最終受付時間)
金・土 10:00~12:00 14:30~19:00(最終受付時間)

 

 

休鍼日
木曜日・日曜日・祝日

(クービック予約サイトにジャンプします)

 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
午前×××お休みお休み
午後お休みお休み

午前 10:00~12:00 午後 14:30~19:00(最終受付時間)

※祝日はお休みとなります。

アクセス

■鉄道でご来院の場合

仙台市営地下鉄南北線『勾当台公園駅』より 徒歩約8分

■バスでご来院の場合

仙台市営バス『メディアテーク前』バス停下車 徒歩約1分

p039_800