仙台市青葉区立町の鍼灸院(はり灸院)|はり処 愈鍼(ゆしん)|美容鍼灸・カッピング(吸い玉)施術もお任せ下さい。

【第46話】お盆疲れと卒業生の話

「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。

 

ようやくここ数日で、少し暑さも和らいだ気がしますね(^^;)

とはいっても、本日昼の当院周辺気温は約30℃。少し前が異常な暑さだっただけで、まだまだ暑さは続きそうです…(~_~;)

 

さて、今週当院は通常通り鍼灸施術をさせていただいております。

最近良く思うのですが、以前はお盆中お仕事はお休みの方がほとんどでしたが、当院の患者様にうかがうと、半数近くはお盆期間中お仕事でした。

最近は夏休みを交代制で取る企業も増えてきているようですね。

 

また、お盆期間中「仕事」はお休みでも、色々な「行事」がある方も多いのでは無いでしょうか?

例えばご実家への帰省や、お墓参りなど。

仕事ではないし、楽しみだったりもするのですが、普段と違う生活になるので少し疲れたりしますよね(^^;)

 

当院では患者様から「お盆疲れ」なんて言葉をよく聞きます。

 

・久々に実家で寝たら「寝違え」ました。

・お墓参りに行って一生懸命掃除したら「腰痛」になりました。

・旦那さんの実家に行ったら、気疲れして久しぶりに「頭痛」になっちゃいました。

 

これらは、実際に今週いらした患者様のお悩みです。

 

そして、みな様この後に、「お盆休みって疲れますよね(苦笑)」と仰います(^^;)

 

そういった時、普段の生活に戻る前に鍼灸施術で身体や心を整えておくと、休み後のだるさなども無く、シャキッと日常に戻れるのでオススメです(^^)

是非鍼灸施術を体調管理にご活用下さい。

 

ちなみにこの時期の院長の密かな楽しみに、講師をしている鍼灸専門学校の教え子の卒業生の来訪があります(^^)

はり処愈鍼(ゆしん)を開院してから、お盆期間か正月には必ず卒業生の方が訪ねてきてくれて、色々お話をしていってくれます。

本日来てくれた卒業生。初めて会った時はまだ10代だったお嬢さんも、今は立派なお母さんで鍼灸師に。

普段の鍼灸施術のこと、家族のことや日常のことなど。

短い時間でしたが、色々お話出来ました。

鍼灸専門学校の講師もいつの間にか長い期間やらせていただいている院長。

活躍している卒業生と会う度に良い刺激をいただいております(^^)

 

※画像は卒業生とお嬢さんと!院長、お祖父ちゃんみたい(^^;)

仙台市青葉区立町にある鍼灸院「はり処 愈鍼(ゆしん)」

院長 小泉直照

 

○来院数の多かった症状(7月)

1位頭痛 2位肩こり(眼精疲労) 3位腰痛 4位胃腸の不調 5位月経に関するトラブル