【第20話】テレビで紹介された治療法~吸玉(吸い玉、吸角、カッピング)~

仙台市青葉区立町にある鍼灸院、「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。

 

本日はテレビを観た患者様からお問い合わせを戴いたのでそのお話です。

 

つい先ほど、いつも来院されている患者様からお電話をいただきました。

内容は、「先生の治療院にあるガラスのやつが昨日テレビで紹介されていたんだけど今度やってもらえる?」というお話でした。

 

詳しくうかがうと、番組は日曜日の19時台にやっている日本テレビ系の「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介されていたそうです。

院長いつもは好きで鉄腕!DASH!!を観ているのですが、昨日は鍼灸学会の打ち合わせがあり、未見...(T_T)

(ちなみにザ!鉄腕!DASH!!からイッテQまでずっと観てます(^^))

 

先ほど番組ホームページを拝見したところ、最新話の番組内容が詳細に載っていて、映像では無いですが、写真や文章でおおよその内容を把握いたしました。

(参考:ザ!鉄腕!DASH!!ホームページ

 

こちらを拝見していると吸玉(吸角とも言います。)は、インド発祥とありますが、紀元前にはギリシャで行われていたとされており、吸玉の起源はギリシャとかではないかと院長は考えております。

(詳しくは当ホームページ内の治療道具のご案内の吸角の項をご覧ください。)

また治療方法も患者様の身体の上に直接火種を置いたりはせず、院長が瞬時に吸玉の中を真空状態にして患者様の身体に付けるので、ヤケドの可能性もありません。

 

 

院長は鍼灸学校の専任教員時代、この吸玉を特別講座で教えており、好評を戴いておりました。

猫背の腰痛持ちの学生さんに、吸玉を行うと、猫背が治り、今まで見たことも無い「背筋の伸びた良い姿勢」になり、驚かれたこともあります(^o^)

 

愈鍼でも患者様に吸玉を行うことがございますが、誰にでも行う訳ではございません。

患者様の体質や症状によって適応・不適応がございます。

その判断を的確に行い、良好な治療結果を得られるようにいたします。

 

ちなみにお問い合わせ戴いた患者様は体質的に適応の患者様だったのですが、女性と言うこともあり、必ず内出血をおこす吸玉を行わなくても鍼灸で治療効果を得られることからこちらから提案していなかったのですが、患者様からのご相談と、体質的に適応ということもあり、次回吸玉を行うことになりました!

 

きゅ~っと吸われた後の爽快感が院長も大好きな吸玉。

もし気になる方がいらっしゃったら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

本日も最後までお読みいただき有り難うございました(^o^)

 

ではまた。

 

(今回の内容はお問い合わせ戴いた患者様の同意をいただいております。M様有り難うございました!)

 

仙台市青葉区立町にある鍼灸院「はり処 愈鍼(ゆしん)」

院長 小泉直照