【第24話】鍼灸治療で効果的に改善!~睡眠について①~

仙台市青葉区立町にある鍼灸院、「はり処 愈鍼(ゆしん)」院長の小泉です。

○2018年4月から当鍼灸院の開院時間が変更になりました。【詳しくはこちら

○当鍼灸院の患者様の声を更新中!【詳しくはこちら

 

GWもあっという間に後半戦(^_^)

今年のGWは最長の方だと9連休!

院長が勤務する鍼灸専門学校も9連休なので、GW前は学生さん達も早く休みたいとソワソワしている感じでした(^^;)

 

いつの間にか4月が終わってしまいましたが、先月の愈鍼(ゆしん)の鍼灸治療は、新年度が始まった事によって忙しさが増した事による肩こりや眼精疲労、それらに伴う頭痛。

そして「不眠症」の鍼灸治療をご希望なさる方が多かったので、今回から何回かに分けて、「睡眠」について書いていきます。

 

最近「睡眠負債」という言葉が、ネットニュースなどにもあがってきます。

NHKでも睡眠負債について2017年6月に特集が組まれて放送されました。

番組ホームページはこちら

番組によると、『1日6時間程度ねむり、自分では睡眠に問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響がまるで借金(負債)のように蓄積することがわかってきました。いま睡眠を研究する専門家たちは、この「蓄積する睡眠不足」を「睡眠負債」と名づけ、対策の重要性を指摘しています。睡眠負債がたまっていると、自分では気がつかないうちに仕事や家事のパフォーマンスが落ちてしまったり、命にかかわるような病気のリスクが高まってしまったりする可能性があるというのです。』とあります。

 

そもそも睡眠不足が極端に足りないと身体に悪いのは何となく皆さん実感があると思います。

しかし、この「ちょっとだけ睡眠時間の足りない」睡眠負債が溜まっているなと感じる患者さんは沢山いらっしゃいます。

この睡眠負債の恐ろしいところは、「本人にあまり実感が無い。」ことと、鍼灸院には大きく関係する「痛みが感じやすくなる。」ところにあります。

長くなってきたので、今回はここまで!

 

仙台市青葉区立町にある鍼灸院「はり処 愈鍼(ゆしん)」

院長 小泉直照

 

○来院数の多かった症状(4月)

1位肩こり(眼精疲労) 2位頭痛 3位腰痛 4位不眠症 5位冷え症・PMS

 

参考HP

1)NHKスペシャル 睡眠負債が危ない~ “ちょっと寝不足”が命を縮める~:http://www.nhk.or.jp/special/sleep/